ゆる特許事務所

特許事務員による特許事務員のためのブログです。ゆるゆると特許法を勉強していきましょう。

優先権書類の提出&電子交換について

こんばんは!ゆる特許です。 今夜は、優先権書類の提出について書いてみます。 パリ条約に基づく優先権を主張する出願をする場合、基礎出願日から1年4月以内に、基礎となる出願の優先権書類を特許庁に提出する必要があります。(特許法43条) (パリルート…

中途受任について

みなさま、こんばんは!ゆる特許です。 今日はちょっと番外編ですが、中途受任について書いてみたいと思います。 中途受任(中途移管と言ったりします)は、文字通り、他の特許事務所さんが管理している案件を途中から引き継ぐことを言います。 そのようなこ…

特許以外に守られるものって?

こんばんは!ゆる特許です。 慌ただしかった新学期もそろそろ落ちついてきた頃でしょうか。 今まで特許権のことを中心に書いていましたが、人々が作り出したものを守ってくれる制度は、他にもあります。 「実用新案権」「意匠権」「商標権」です。 特許権も…

お礼

ゆる特許事務所のブログを書きはじめて1年が経ちました! いつも読んでくださっているみなさま、本当にありがとうございます。 実は、特許事務として仕事をするようになってから、もう10年になります。 10年たっても、毎日、わからないこと、難しいことがで…

PCT出願の手順について

PCT

こんばんは!ゆる特許です。 今日は、PCT出願の手順について書いてみます。 (過去記事:PCT出願とは? PCT出願の基本 - ゆる特許事務所) ほとんどの書類が専用のソフトを使ってオンラインで特許庁に提出できますが、PCT出願も同様にオンラインで提出できま…

出願維持年金について

みなさん、こんにちは。ゆる特許です。 花粉症の方にとっては辛い季節ですが、ポカポカと天気のいい日が続きますね。 もうすぐ春の予感です! 今日は、出願維持年金について書いてみます。 出願維持年金とは、登録になる前から、出願を維持するために毎年支…

米国_IDSについて

おはようございます!ゆる特許です。 今日は、米国のIDS制度について書いてみます。 内外特許事務の方々にとっては、米国出願といったらIDSに関する事務業務が常にある、というぐらい大切な制度です! IDSとは、Information Disclosure Statementの略で、情…

米国_仮出願について

こんばんは!ゆる特許です。 今日は、米国の特許出願について調べてみました。 米国への特許出願は下記の4つに分けられます。 非仮出願(nonprovisonal application):英語による通常の出願 国際出願:PCT出願 日本語非仮出願:日本語で出願し翻訳文を提出…

海外の特許制度について

おはようございます!ゆる特許です。 今年もどうぞよろしくお願いいたします! 昨年は日本の特許制度について書くことが多かったので、今年は海外の特許制度も勉強してみようと思います。 内外事務の方にはもちろん必要な知識ですが、意外にも、外内事務の方…

出願公開とは?

みなさん、こんにちは!ゆる特許です。 いつも読んでいただいてありがとうございます! 今日は、出願公開について書いてみます。 特許出顔をしてから1年6月後に、「公開公報」という書類が出され、特許出顔の内容が一般に公開されます。 どうしてこのよう…

異議申立の続き

こんばんは!ゆる特許です。 あっという間に12月ですね! 異議申立の続きです。 今日は異議申立をする場合について書いてみます。 まず、異議申立をできる期間は、特許公報の発行日から6月です。 おそらく、クライアントは対象の特許を終始見張っていると思…

異議申立とは?

こんにちは!ゆる特許です。 今日は、異議申立について書いてみます。 その名のとおり、「異議を申し立てる」わけですが(笑)、すでに登録になった特許に対して、「いやいや、◯◯な理由でこれは特許をとれませんよ。取り消してくださいよ」と特許庁に訴える…

拒絶審決とは?

こんにちは!ゆる特許です。三連休ですが、みなさん、いかがおすごしですか?気持ちのいい秋晴れが続いてますね~。 今日はそんな秋晴れとは正反対(笑)、拒絶審決について書いてみます。審決拒絶と言ったりもします。 拒絶査定を受け取って不服審判請求を提…

委任状について

こんにちは。ゆる特許です。 大型台風、心配ですね… 今日は、委任状について書いてみます。 特許事務所は、弁理士が出願人の代わりに手続きをおこない、その代理業務に対して手数料をいただくことで成り立っています。 大切な手続きなので、その出願人が本当…

レシプロって何?

こんにちは!ゆる特許です。 今日はちょっと番外編です。 特許事務所で勤めていると、 「レシプロ狙うためにあの事務所にしてみましょう」とか、 「あの事務所、いいんだけど、レシプロがないからね〜」などと、 会話が聞こえてくることがあります。 なにげ…

不服審判請求とは?

こんにちは〜。 台風が心配な三連休、みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 特許事務は主に平日に勤務するので、ご自宅で過ごされている方が多いのではないでしょうか。 さてさて、今日は前回の続きで、不服審判請求について書いてみたいと思います。 拒絶…

拒絶査定について

こんにちは!ゆる特許です。 8月も終わりですね〜。 今日は拒絶査定について書いてみます。 審査官が「◯◯な理由で特許にできないよ」と通知するのが拒絶理由通知で、その通知には、意見書と手続補正書を提出して応答すると以前に説明しましたが、それでもな…

誤訳訂正書について

こんにちは!ゆる特許です。 お盆に入り、夏休みを迎えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 今日は、誤訳訂正書について調べてみます。 審査請求時や拒絶理由通知応答時に、手続補正書の代わりに、誤訳訂正書という書類が提出される場合があります…

補正の可能時期

こんにちは!ゆる特許です。 毎日暑い日が続きますね〜。 今日は、補正の可能時期についてご説明してみます。 特許庁に提出した書類の内容を修正して提出しなおすことを「補正する」といいますが、出願書類(明細書、特許請求の範囲、要約書、図面)は補正で…

国内書面について

みなさん、こんにちは!ゆる特許です。 3連休、いかがお過ごしでしょうか? 今日は国内書面についてご説明します。 PCT出願を日本に国内移行する場合、「国内書面」という書類を基礎出願から30月以内に特許庁に提出します。 翻訳文が出来上がっている場合は…

パリルート出願の基本

こんにちは!ゆる特許です。 もう7月ですね。時間が経つのが年々早くなります(笑) 今日は、パリルート出願についてご説明してみます。 海外に出願する場合、前回ご説明したPCT経由の出願の他に、パリルート出願があります。パリ条約に基づいている出願です…

PCT出願の基本

こんにちは!ゆる特許です。今日はPCT出願(国際出願)について勉強してみましょう。海外の特許を取りたい!と思った時にどうするかというと、もちろんその国に出願をして特許を取得するわけですが、ではでは、もし5カ国、10カ国、15カ国…多くの国の特許を取…

特許証について

こんにちは!ゆる特許です。 今日は特許証についてお話ししてみます。 特許料を納付すると無事に登録となりますが、納付してから1ヶ月ほどで「特許証」が届きます。 厚紙で作られており賞状のようです。(添付の特許証は特許庁ホームページから引用しました…

特許査定&特許料納付の基本

こんにちは!ゆる特許です。さわやかな土曜日の朝ですね♪ 今日は特許査定と特許料納付について書いてみます。 特許法には、特許査定については、 「第51条 審査官は、特許出願について拒絶の理由を発見しないときは、特許をすべき旨の査定をしなければならな…

意見書&手続補正書の基本

こんにちは!ゆる特許です。ゴールデンウィークも今日で終わりですね! 今日は、拒絶理由通知に応答する時に提出する意見書と手続補正書に注目してみましょう。 弁理士が意見書と手続補正書を作成したら、特許事務が内容をチェックしてから特許庁に提出しま…

拒絶理由通知の基本

こんにちは!ゆる特許です。 今日は、拒絶理由通知について説明します。出願、審査請求したあと、そのまま特許査定が出て特許になるのがいちばん理想ですが、残念ながら、なかなかうまくはいかず、大半は拒絶理由通知という書類が発送されます。簡単に説明す…

職務発明制度について

こんにちは!ゆる特許です。今日は「職務発明制度」について説明します。特許事務の日常では触れる機会は少ないですが、お客様から質問されることもあるので、基本的なことは知っておきたいな〜と思います。「発明」をする人のことを「発明者」とよびますが…

審査請求の基本

こんにちは!ゆる特許です。 今日は、「審査請求」について、説明してみます。(「出願日がなぜ重要なのか」については説明が難しいのでそのうちにします!ゆるゆる~。) 審査請求とは、「特許を取得できるかどうか、出願した内容を審査してください」と特…

出願の種類

こんにちは!ゆる特許です。 花粉症の方はこの時期つらいですね…私もマスクが外せません。 今日は、特許庁に提出される出願の種類について説明してみます。 *通常出願:弁理士が明細書を書き、新規の出願として提出されるものです。 *国内優先:すでに出願…

出願書類の基本

こんにちは!ゆる特許です。 今日は、出願するときに提出する書類(出願書類)について書いてみます。 出願書類は、「願書」「明細書」「特許請求の範囲」「要約書」「図面」の5つの項目に分けられます。 願書:発明者や出願人などの情報を記載します。特許…